松坂屋オリジナル農業用フィルム加工

農ビ・POフィルム加工 「らく展」

多少の風でも…張りやすい、フィルムが汚れにくく、きれいに張れます!

農業用フィルム加工「らく展」の特徴
施設園芸農業の作業の中でも大変な労力のビニールハウスのビニール・POフィルムの張り替え。
長い間解決できなかった問題を「フィルムの畳み方を変える」という抜本的な発想により専用加工機によって可能にしました。
1)張り替えは、大人2名から簡単に行うことが可能です!
2)西日本の施設農家様にはなじみの”絞り加工”というものがありますが、それをおおよそ50㎝位の幅に畳んものです。よってかさばらず、開きやすく、運搬しやすくなっております!
3)ハウスの側に沿ってのばして張るのが基本ですが、コロ助等で張ることも可能です。YouTube映像をご覧ください!

1)機械のセッティング
500メートル巻きの原反を第一機械にセットします。かなりの重さがあるので慎重に一つずつ機械に乗せます。
流れてきた加工ビニールの調整及び接着部分の確認をしていきます。
ここまでは、従来のビニールの畳み方(ノーマル)と一緒になります。
2)ラク展機械へセッティング
第二段階で機械に丁寧にセッティングを行い畳みを変えていきます。
3)出来上がり~仕上げへ
ラク展機械から畳まれて流れてきたビニールの再度チェックします
破け・傷はないか。長さは大丈夫か?
約50㎝幅に丁寧に畳んでおります。
4)仕上げ~完成
梱包して出荷用カーゴテナーに収めて出荷します。。


当社での規格品がいつでもご用意してあります。
ビニールは良好な透明性と保温性・ 防霧性・防滴性にもすぐれております。
その他、特別サイズも注文受けておりますので、お気軽にご相談下さい。
その他の特注品例
両テハ・四方ハトメ・燻蒸袋 など「幅や長さがはっきりしない…」「どんな風にしたいかな?」など不明な時は、 担当の営業マンが直接お伺いいたします。
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP