会社プロフィール

写真 :  山岡鉄舟 書 (1871年)  「松坂屋荒物太物商店」

山岡鉄舟、その人間性は、西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、

そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させた。

 

ごあいさつ
「農業の変化と共に」

弊社の発足は江戸時代中期に遡り、それ以降時代の変化に合わせて商業を営んできました。

1959年ごろからは商業と同時に所有地の田畑で農業を行っていたことから野菜や花卉の種苗

販売を始め、それに関連して農業用フィルム、施設の販売を行うようになり、それを生業とし

てまいりました。

それから60年が経った今日、全国的に農業生産者の減少は顕著です。 弊社のある茨城県内でも

同様に農業生産者の高齢化、後継者の減少が進んでおりますが、良好で広大な農地はたくさん残

されています。

そして、近年の農業事情と反対に農業に新規参入したい。もっと生産性を拡大しビジネスを大き

くしたい。という意欲的な若い経営者の方々もたくさんおられます。

輸入野菜の安全性が危ぶまれると同時に国産野菜には安全性や食味やその供給量が益々求められ

る現在、首都圏に近い茨城県の農地は重要な食料の生産地になるはずです。

弊社はこの地域での農業の一助となるべく社会に貢献して参ります。

株式会社 松坂屋
代表取締役 高安 裕一郎


会社案内
商号     : 株式会社 松坂屋
本社所在地  : 〒311-3422 茨城県小美玉市中延146
電話番号   : 代表 0299-58-3121
創業     : (創設) 寛政2年(1790年) 屋号
設立     :   昭和34年12月
代表者    :   高安 裕一郎

事業内容
1.  農業資材販売
2.  種苗販売
3.  農薬.肥料販売
4.  フィルム加工部門

5.  建設部門

従業員数:30名


会社沿革
創業 寛政2年(1790年)  屋号を松坂屋とする
昭和27年                        農業用ビニールの取扱を始める
昭和34年12月                  株式会社松坂屋本店に改組
昭和54年1月                    現在地に新会社を新設。商号を株式会社松坂屋に変更。
平成3年10月                    鉾田市に 鉾田営業所を開設。
平成13年10月                  農ビ、農POフィルムの「らく展機」の導入 新工場建設
平成21年2月                    株式会社 松坂屋 設立50周年
平成24年4月                    農ビ、農POフィルムの「らく展機2号」完成稼動開始

平成26年10月      パイプハウス用ベンダー機導入、加工開始

 


採用情報
只今、私たちと未来ある農業に携りたい営業マン募集中です‼


 

PAGE TOP